抗不安剤の効果

tonic drugs in vial

うつ病で用いられることの多い抗不安剤は、心身の緊張をほぐし、リラックス状態にすることを目的とした医薬品です。
その名の通り、不安を取り除く効果を持っているので、うつ病治療の際は頻繁に使用されるものでもあります。
抗不安剤も現在はその種類を増しており、さまざまな医薬品は存在します。
中でもデパスとバスパーは有名で、実際に医療機関から処方されたり、うつ病治療に用いられることも多い種類となっています。

デパスとバスパーがなぜ処方されることが多いのか。
それは副作用や依存症の危険が少ないためです。
医薬品である以上副作用はどうしても発症してしまう可能性がありますし、こういった医薬品は依存症を招きやすいものです。
しかし、デパスとバスパーは抗不安剤の中でも、これらの危険が比較的少ないとされており、安心してうつ病治療を進めることができるのです。

人がうつ病になる原因は、神経伝達物質であるセロトニンというものが減ってしまうことによるものだと言われています。
セロトニンは人がテンションを上げたり、陽気になるときに分泌されるものなのですが、分泌量が少ないと嬉しいことでも嬉しいと感じることができず、自然と暗い状態になってしまうのです。
デパスやバスパーなどの抗不安剤はこのセロトニンの分泌量を増やす効果があり、それによってうつ病治療をおこなっていくのです。